株式会社サウスポイントからのおすすめ。ヨット、ボートなど船のある生活を中古艇の購入からはじめませんか。

ヨットのある生活

  • ヨットのある生活
  • 中古艇販売とヨットハーバー
  • 会社紹介
  • 店舗紹介
  • サービス・イベント
  • アトリエ「花の木」

あなたもきっとはじめられる、あなたももっと好きになる。目からウロコのヨットの話。

ヨットのある生活をはじめませんか?興味や憧れはあるけど、自分には手が出ない…そんなイメージをもたれている方はこのページを是非ご覧ください。ヨットはお金持ちだけのもの?という考えが変わるはずです。クルマに軽自動車や高級車があるように、ヨットやボートも千差万別。楽しみ方は十人十色なのです。スポーティに乗りこなすのもいいですが、ちょっとのんびりヨットではじめる、スローライフなんていかがでしょうか。クルマほど維持費もかからず、風に揺れる…究極のエコ・レジャーとしても注目です。それでもやっぱり難しそう…という方にも、サウスポイントがしっかりアドバイスいたします。今までのイメージを捨てて、ヨットのある生活を考えてみてはいかがですか?

ヨットはお金持ちだけのもの?

あなたが「海遊び」として真っ先に何を想像するものは何ですか。ほとんどの方の答えは「海水浴」でしょう。そこでヨットやボートなど、船を使った楽しみを思い浮かべる方が少ないのはなぜでしょうか。

最大の理由として考えられるのは、「ヨットは高い」「セレブの道楽」などと言った先入観があるからでしょう。この先入観こそ、海外に比べ日本の海洋レジャー文化がメジャーな存在になることを遅らせてきたと思います。

実際のところ「ヨットは高い」「セレブの道楽」なのかと言いますと、全然そんなことはありません。日本と比べて、欧米では海洋レジャーが非常に盛んなのですが、ヨットを所有して海を楽しんでいる方々の大半は一般的なサラリーマンなどです。これは決して、日本よりも欧米諸国のヨットが安いというわけではなく、日本でもクルマを買う程度の予算でヨットを購入し、クルマに乗る程度(むしろ安い)の維持費でヨットを所有することができるのです。

クルマを購入し、ガソリン代や駐車場料金、そして毎年の自動車税、2年の1回の車検料金…ヨットを所有しているオーナーの多くは、むしろクルマのほうがはるかにコストの高い乗り物だと口を揃えます。

これらを聞いて、あなたの中でヨットの世界への扉が、少しだけ開いてきてはいませんか。

楽しみ方は十人十色

ある栄養ドリンクのCMで、ヨットに乗った2人が高波を浴びながら「ファイト!一発!」と気合を入れるシーンがあります。これがヨットのイメージと思われる方が多いのではないでしょうか。

確かに、このようにスポーティにヨットを楽しむことも一つの方法です。しかしヨットの楽しみ方は十人十色で、オーナー様の性格や趣向によって全然違います。各地に寄港しながら日本全国を気ままに旅する方や、中には何年もかけて海外旅行をされる方もいらっしゃいます。その逆に、係留したままのヨットから釣り糸をたらしてのんびり休日を過ごす方やご家族やお友達を招待してヨット上でピクニックをしている光景を目にすることもあります。

また、CMのように数名で助け合いながらヨットを操縦しなければいけないということもありません。サウスポイントのヨットは、全て「シングルハンド仕様」になっています。これは、目的地をセットすることで、自動操縦が可能な機能です。これにより、お食事をしながらでも1人でも航海が可能ですし、誰かを招待しての船上パーティーにご自身も参加できるのです。

ヨットの楽しみ方は、誰かが決めるのではなく、オーナー様が決めるものなのです。

ヨットではじめる、スローライフ

広い海には、道路も障害物もありません。道路であれば渋滞や交通事故のリスクが常につきまといますが、海に渋滞はありません。常に目的地に向かって一直線です。もちろんクルマほどのスピードは出ませんが、海と風を楽しむのが目的なので、時間に縛られないスケールの大きな旅が船の魅力です。

近年、何かと忙しい現代人が自分らしさを失いがちであることに注目し、あえて忙しくしない生活をする「スローライフ」が推奨されています。ヨットは、まさにスローライフを実践するためには最適のアイテムです。

誰にも邪魔されない大海原の上を急がずのんびり行きましょう。

究極のエコ・レジャー

ヨットは、大きな帆で風を受け、それを主な動力として航行します。エンジンも搭載されているのですが、あくまでも補助的なものなので、エンジンを使わずに航行することもできます。

石油や原子力などの消費型エネルギーに対して、自然界にあるエネルギーを利用することを「再生可能エネルギー」と言います。風力発電が再生可能エネルギーのひとつであるように、ヨットの動力となる風力は立派な再生可能エネルギーです。小さなヨットがそれほど多くの燃料を持たずに長い距離を航海できるのも、無限にある自然の風力を利用しているからです。

再生可能エネルギーが次世代エネルギーとして大きく注目されている中、風力を動力源とするヨットはエコロジーなレジャーです。

それでもやっぱり難しそう…

すでにヨットで楽しんでおられるお客様にとってはたいしたことではなくても、これからヨットをはじめてみようと言う方にとっては、敷居が高く感じられることもあるものです。しかし、それはあくまでもイメージであり、必ずしもそんなことばかりではありません。例えば…

船舶の免許は難しいのでは
海洋レジャー文化が日本でも定着しつつあることが、国の免許制度にも影響を与えています。以前であれば複雑で難易度が高かった船舶免許も、現在ではぐっと手軽に取得できるようになりました。サウスポイントのお客様は免許をお持ちでない方が大半。免許取得からしっかりサポートいたします。
泳げないので、やっぱり無理
これは非常に多く聞かれる声です。ヨット遊びをしていて、泳ぐ必要性は余程のことがない限りはありません。遊覧船や客船に乗る時に、泳げないことを心配する方はまずいませんね。ヨットもそれと全く同じです。泳げるようになることよりも、ヨットから落ちないことの方がヨットの安全教育では重視されます。ヨットの構造も転落防止の仕組みや工夫が施されており、万が一転落することがあっても安全対策が徹底されています。実際に、お客様の中には泳げないからこそヨットを選んだという方もいらっしゃいます。
うまく乗れるようになる自信がない
ヨット遊びが上手くなる、ということに明確な定義はありません。サウスポイントでは、ヨットを楽しむことが上手になることこそ上達だと考えております。航海技術としては、風を上手く読むことができるようになるのが上達だとされていますが、これも必須ではありません。ヨットの中にはオートパイロットと言って、カーナビのような装置に行きたい場所をセットすると、後は自動的に目的地まで航行してくれるものもあります。
やはり、お金がかかりそう
中古艇(中古ヨットのことです)の価格は物によって大きな差はありますが、数十万円で買えるものから、数百万円で買えるものまで様々です。「クルマと大差ない」と述べたのは、まさに価格帯が中古車と似ているからです。しかし、ヨットを所有されるとクルマとの大きな差が出るようになります。ヨットには自動車税のような税金はなく、車検もありません。さらに、駐車場代に当たる係留費も約10分の1です。ヨットはお金持ちだけのものというイメージが根強く残っていますが、実はクルマよりもコストの安いレジャーなのです。
ページTOPへ
メールフォームからのお問い合わせはこちら
株式会社サウスポイント SOUTHPOINT,INC. カフェ ケセラセラ cafe et bar Que sera sera 〒590-0985 大阪府堺市堺区戎島町5-11 TEL:072-222-3130 FAX:072-221-2243